お金借りる即日

借り換えとおまとめローン

借り換えとおまとめローン

 

借り換えとは、高い金利で組んでいたローンを、例えば、それより低い金利で借り入れるなど有利な条件で借り入れ直すことです。新たに組んだ低金利のローンで、現在借りている高金利のローンを一括返済してしまうことで、完済までに支払う利息が減り、支払総額を減らすことができます。

 

高金利の時の住宅ローンの借り換えが身近なものとして有名ですが、それ以外に複数のカードローンを比較的低金利の「おまとめローン」で1つにするという借り換え方法もあります。おまとめローンは、月々の返済額が軽減できると言われていますが、どのような仕組みになっているのかご紹介したいと思います。

 

おまとめローン以外はこちらのお金借りる即日【今すぐ借りたい人へスピードキャッシング】をご覧ください。

 

おまとめローンのメリット

 

借り換えとおまとめローン

 

おまとめローンでは、複数の銀行や消費者金融会社などに対してローンや借入れがある方が、より低金利なキャッシング会社の1社から借金の総額を借り入れて、一旦、既存のローンや借入れの全てを一括返済し、それ以後はキャッシング会社1社に月々返済をしていきます。

 

ローンや借入れをまとめることのメリットは4つ、@低金利なキャッシング会社で借入れることで支払総額が減る、A複数の金融会社に対してそれぞれ支払っていた手数料が減る、B支払日が1日になるとともに借入総額が把握でき、管理がしやすくなる、C多重債務という精神的圧迫から解放される――ことです。

 

銀行系と消費者金融系のおまとめローンの違い

 

借り換えとおまとめローン

 

銀行系のキャッシングは金利が低く、総量規制の対象外でもあるので、大口のおまとめローンが可能ですが、審査は厳しい傾向にあります。それに対して消費者金融系のキャッシングは、金利は多少高めなものの、申込みから審査・融資までが早い、審査が柔軟で通りやすいなど、借りやすさは銀行系に勝ります。

 

また、金利は高めと言いましたが、グレーゾーン金利の廃止以降、ほとんどの会社が金利は18%以下なので、以前のように法外な金利を取られるといった心配はありません。さらに、通常銀行系は変動金利を適用しているため、景気の上下によって金利も上がったり下がったりしますが、消費者金融系は原則として変動金利は適用していません。

 

そこで、景気によって金利の上下があるということはありませんので、返済までの計画が立てやすいというメリットもあります。また、消費者金融系の通常の借入れは総量規制の対象になるため、原則年収の3分の1までと上限が決まっていますが、既に借入れをしている金融会社などよりも金利が低くなって債務者が一方的に有利になるおまとめローンの場合は、例外的に年収の3分の1を超えても契約できることになっています

 

以上をまとめると、一般的には「借入れ総額が多い」「金利を低く抑え、返済総額をできるだけ少なくしたい」ならば銀行系、「借入れ総額が少ない」「一刻も早くまとめたい」なら、消費者金融系と言えるのではないでしょうか

 

実際には、なによりも、自分の借入れがどこに、いくらあるのかを正確に把握しておくことが肝心です。おまとめローンは有利とお話ししましたが、場合によっては、借入れをまとめても月々の返済負担や返済総額がほとんど変わらない、あるいは、最悪の場合増えてしまうこともあり得ます。例えば、月々の返済額を今までより減らして長期間での返済することにする場合です。

 

インターネットを使えば、銀行系や消費者金融系のいくつかの会社で、月々の返済額などさまざまなパターンでシュミレーションしてみることが可能なので、大いに利用してみることをおすすめします。

page top